岡山で歯のホワイトニング、審美歯科

岡山で歯のホワイトニング、審美歯科、オールセラミック治療ををするなら 「 なかの歯科 」
フリーダイヤル 0120-960-471電話番号 086-256-4618
受付時間 9:30~19:00 ※ 休診日:日曜・祝日

歯の変色はなぜ起こる?

多くの方が気になる 「 歯の変色 」 について、ご説明します。

歯の変色は、なぜ起こる?

ホワイトニングで白く輝く歯

歯の色は、白くて輝いているのが理想ですよね! では、どうして歯が黄色や茶色に変色してしまうのでしょうか?

歯のホワイトニング治療の為に当クリニックへ来院される方は数多くいます。 患者様のご希望としては 「 日本人のスタンダードな歯の色程度に白くしたい方や、薬剤の影響で変色してしまった歯を少しでも白くしたい方 」 まで様々です。

同じように変色した歯についても様々です。 では、歯の着色、変色がなぜ起こるのかをご説明しましょう。
原因を、大きく分けると 「 歯の表面の着色、加齢による黄ばみや生まれつきの黄色い歯、薬剤や外傷などよる深部からの変色 」 の3つに分けられます。

歯の表面の着色

着色の原因となる代表的なものが 「 茶渋 ( ちゃしぶ ) とタンニン 」 です。 茶渋が付きやすい物 「 コーヒー、紅茶、烏龍茶 」 や、タンニンが含まれる 「 赤ワイン、ベリー系 」 などは、歯の表面に色素が沈着して変色しやすくなります。 また、タバコもヤニが付きやすいので気をつけましょう。

これらの原因は、日々のお手入れで着色防止することは可能ですが、一度ついてしまった着色は取れなくなってしまう事もあります。
歯の表面の着色程度であればホワイトニング治療を受けなくても、歯医者の専門的な 「 歯のクリーニング ( PMTC ) 」 で、ある程度まではキレイにすることが可能です。

加齢による黄ばみや、生まれつきの黄色い歯

悲しい事ですが、年を重ねるごとに歯の黄ばみは増してきます。 こればかりは、お手入れをしていても起きてしまう事があ。
また、年齢とは関係なく生まれつき歯が黄色い方もいらっしゃいます。

これらの黄ばみは、表面から変色が進んでいる場合が多く、歯のホワイトニングがとても効果的です。
該当する方で白い歯に興味のある方は、お電話か無料メール相談でお問い合せください!

薬剤や外傷などによる深部からの変色

歯の変色の原因が 「 薬剤や外傷や病気による場合 」 は深部から変色していることが多いと言えます。

例えば 「 テトラサイクリン 」 と呼ばれる薬剤があります。 このテトラサイクリンは抗生物質なのですが、昭和40年代によく処方されていました。
妊娠中にこの薬を大量に服用した場合、お子様の歯が黒く変色したり、横縞が目立つような変色が起きてしまう事があります。

このテトラサイクリンが原因による中程度以上の変色はホワイトニング適応外と言われていますが当院では 「 ZOOMホワイトニング 」 を使った場合、一部の方においては良好な結果を得ています。

また、外傷などで歯の神経を取った歯の変色も、内部からの変色のため通常のホワイトニング治療では効果が出にくいことが多くあります。

無料メール相談
小冊子プレゼント
ページ上段に戻る