審美歯科治療の種類

審美歯科治療と言っても、治療テクニック、歯科材料、治療の組み合わせが様々あります。このページでは主な治療法をご紹介します。

オールセラミックス

オールセラミックス審美歯科治療

オールセラミックスは透明感に優れているセラミック材質で、同様のメタルボンドと大きく違う点は金属を全く使用しないノンメタルという点です。
その為、金属使用時に比べ歯肉付近が明るく見えるのがメリットです。
最近はコンピューターを使用したCADCAMシステムが登場しており、このシステムを使用したオールセラミックスは、とても綺麗で、美しく、透明感ある歯に仕上げることが可能です。

金属溶出による黒ずみ・金属アレルギーの心配がありません

歯科治療では保険適用される素材に金属があることから、利用ケースが多くみられます。
しかし、金属を使用すると時間とともに金属が溶け出し、微粉末が歯肉に染み込み、黒ずむ現象が起きやすくなります。黒ずんだ歯茎は健康的にも審美的にも良いものではありません。
当院では金属を一切使用しないオールセラミック治療が可能ですので、金属溶出の心配も、金属アレルギーの心配もありません。

経年劣化によるメタルライン露出の心配がありません

メタルボンドと言う治療は、歯を支える台に金属を利用し、その上にセラミックを貼り付ける治療法です。
ところが、年齢とともに歯肉が痩せてきた場合、歯肉の中に隠れていた金属が露出し黒いラインとなって表れることがあります。審美治療なのに見た目が悪くなってしまっては本末転倒です。
当院では、支台築造体にファイバーコアというグラスファイバー系の材料を利用し、被せ物(クラウン)には金属を使用しないオールセラミックを利用しますので、歯肉が衰えても金属ラインが露出することはありません。

多くの歯の悩みを解決してくれる「セレックAC」

オールセラミックスならセレックAC治療

セレックACとは、コンピューター制御によって歯のセラミック治療を設計・製作できるCAD/CAM(キャドキャム)システムです。治療はコンピュータの3D画面上で修復物を設計し、コンピュータのデータを元にミリングマシンがあなたのお口にあったセラミックを作製してくれます。

当院はセレックACの導入により、セラミック治療を今までよりも安価で提供できるようになりました。※ミリングマシンは通常4軸ですが、当院は6軸のより良いマシンを導入しています。

では、セレックACによるセラミック治療の魅力をご紹介します。

セレックACによるセラミック治療

保険適応の銀歯とセレックの大きな違い

セレック治療と保険適応の銀歯治療の違い

実は保険適応の銀歯治療は、歯科医師や歯科技工士が最善を尽くし、適合の良い被せ物を作ったとしても、残念ながら虫歯が再発しやすい傾向にあります。 理由は主に2つあります。

1つ目は「歯と銀歯の金属の熱膨張係数の違い」です。簡単に説明すると、歯のエナメル質と銀歯の金属は熱膨張係数が大きく異なるため、目に見えないギャップを繰り返すことで歯の隙間から虫歯が再発しやすくなります。
また、お口の中は熱いコーヒーから冷たいアイスクリームまで様々な温度になるため、保険適応の銀歯には劣悪な環境とも言えます。
もし、歯のエナメル質とほぼ同じ熱膨張係数を示す材質を使用していれば、このギャップは最小限になるので虫歯の再発は防ぎやすい状態になります。
今、あなたが知りたいと思われた、その材質こそ「セレックを使用したセラミック」なのです。

2つ目の理由は「銀歯をくっつける時に使用するセメント」です。保険範囲内の銀歯を装着する場合に使用するセメントは「合着」と呼ぶ力で止まりますが、この合着の力は決して強くありません。
それに対して、セレックで使用する「接着性レジンセメント」は強力に歯に接着することができるので虫歯予防になり、セラミックの歯の寿命自体も伸ばしてくれます。

日本人の銀歯が多い理由

日本人の口の中に銀歯が多い理由

「どうして日本人の口の中には銀歯が多いの?」と、海外の歯科医師からよく質問されます。

実は金属の銀歯を多用している国は世界中で日本だけなのです。
その理由は今の保険制度にあります。日本の場合、奥歯治療で保険が効く冠は「金銀パラジウム合金(銀歯)」だけなのです。
その為、患者さんから保険範囲内での治療を希望された場合は選択肢がなく、銀歯を入れることが一般的なのです。
日本では保険適応外で一般的ではないセラミックも、世界から見れば一般的に使用されているのが現状です。

銀歯治療で通院が何度も必要な理由

銀歯治療の通院が多くなる理由

一般的な銀歯治療は大きな型枠を使った歯の型取りを手作業でする必要があります。これは時間がかかるうえ、患者さんには何度も通院してもらう必要がありました。

ところがコンピューターを使用した「CADCAM」と呼ばれる手法であれば、3Dカメラで歯の写真撮影をするだけでコンピューターがほとんどの作業工程を行ってくれます。さらに、条件さえ合えば「1日修復」と呼ばれる、たった1回の治療で終了することも可能になります。

セラミック治療の値段は?

セレックACによるセラミック治療の値段

「でも、セラミック治療は保険が効かないから高いんでしょ?」と思われるかもしれませんが、ご安心下さい!

確かに、通常のセラミック治療は「1本 10~12万円」と高価です。ところが当院が導入しているセレックを使えば、ほとんどの工程がコンピューター作業になるので、1本あたり「4~5万円程度」で治療できるようになりました。

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックス審美歯科治療

ハイブリッドセラミックスは、セラミックとプラスチックの中間の性質を持った歯科材料で、フィラーという基質を高濃度に含んでおり強度はプラスチックよりもかなり強い素材です。
一番の特長は、金属を全く使用しない被せが可能な点です。

最近はブリッジ治療でも金属を使わずにハイブリッドセラミックスだけでの治療が可能です。また、金属を使わないので透明感ある自然な仕上がりが期待できます。

メタルボンド

メタルボンド審美歯科治療

メタルボンド(陶材焼付金属冠)は数十年の歴史をもつ歯科材料です。

メタルボンドの被せの中はプラチナなどの金属でできており、表面部分は患者さまに応じた完全オーダーメイドのセラミックを焼き付けて作製します。メリットは変色しないうえ、耐久性や強度がとても優れた点です。
デメリットは金属を使うため歯肉と歯の間が暗くなりやすい、全体的に透明感が出にくい、保険が効かない点です。

ラミネートベニア

ラミネートベニア審美歯科治療

ラミネートベニアは薄いセラミックを歯に貼りつける治療法です。

オールセラミック治療は歯全体を大きく削る必要があるのですがラミネートベニアであれば歯の表面を「0.5~0.7mm程度」削るだけで治療ができます。そのため、麻酔も必要ないですし、痛みもほとんどありません。 場合によっては、歯を全く削らずにラミネートベニアを貼りつけるケースもあります。

このラミネートベニアは古くからある治療テクニックなのですが、審美歯科治療の人気と共に、治療の長所が再認識されています。

セラミックティース

セラミックティース審美歯科治療

セラミックティースは、歯科治療で使われる白い焼き物の歯のことです。
これまでは、前歯の一部か歯全体が失われた場合に治療することが多かった為「差し歯=セラミックティース」を指すことが一般的でした。
ところがセラミックの進歩と共に様々な種類のセラミックが、審美をはじめとする歯科治療に登場してきました。

セラミックティース治療の流れを簡単に説明すると「歯の型取り → その型を元に模型作成 → 模型上でセラミック専門の歯科技工士が完全オーダーメイドのセラミックティースを作製」になります。

セラミックティースは焼き物なので、歯科技工士がセラミックを焼く専門の焼成釜「ファーネス」で作製します。セラミック作製は熟練を要するため、当院では「セラミスト」と呼んでおり、セラミックに関しての高度な技術と、美に対する審美眼をもつ特別な歯科技工士に作製をお願いしています。

当院のセラミック治療は、セラミストが患者さまの歯の形や色を肉眼で確認し、患者様のご希望を伺ってから作製します。また、歯の色調を専用機械で測定し、スライド記録も撮ります。
手間が多いと感じるかもしれませんが、これらの段階を踏まないと品質の高いセラミックティースは作製できないのでご理解ください。

チェンジカラー

チェンジカラー審美歯科治療

詰め物をした歯の変色の原因として考えられるのは「新しい虫歯」か「詰め物の水分吸収」になりますが、どちらにせよ前歯が変色してしまうと素敵な笑顔は台無しになっていしまいます。
※最近は、虫歯治療で使用する詰め物の樹脂は吸水性が少なく、セラミック粒子の入った新しい材料を利用することが増えているので変色の可能性は低くなっています。

もし部分的な詰め物の変色が起きた場合は「チェンジカラー(Change Color)」と呼ばれる治療を1回すれば歯の色を取り戻すことができます。
治療の応用として、チェンジカラーとホワイト二ングを組み合わせることもあります。

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
電話で審美歯科・ホワイトニング相談
岡山の方限定、歯のホワイトニング小冊子
ページ上段に戻る