岡山で歯のホワイトニング、審美歯科

岡山で歯のホワイトニング、審美歯科、オールセラミック治療ををするなら 「 なかの歯科 」
フリーダイヤル 0120-960-471電話番号 086-256-4618
受付時間 9:30~19:00 ※ 休診日:日曜・祝日

審美歯科治療の種類 ( ハイブリッドセラミックス、メタルボンド etc )

審美歯科治療と言っても、使用する材料やテクニックに様々な種類が存在します。 このページでは主な治療法を写真と共にご紹介します。

ハイブリッドセラミックス

「 ハイブリッドセラミックス 」 は、セラミックとプラスチックの中間の性質を持った歯科材料です。
このハイブリッドセラミックスは、フィラーという基質を高濃度に含んでいるため強度がプラスチックよりもかなり強い素材になります。一番の特長は、金属 ( メタル ) を全く使用しない被せが可能ということです。

最近は、ブリッジ治療においても、金属を使わずにハイブリッドセラミックスだけ治療が可能です。 金属を使わないノンメタルのメリットは、透明感ある自然な仕上がりの歯を実現してくれるところです。

メタルボンド ( 陶材焼付金属冠 )

メタルボンドは、登場してから既に数10年も経つ古株の歯科材料です。 長年、保険が効かない前歯とはメタルボンドのことを指してきました。

被せの中はプラチナなどの金属でできており、表面部分を個々に応じた完全オーダーメイドのセラミックが焼き付けられて作製されます。 メリットは、色が変色しないうえ、耐久性や強度がとても優れた点です。
デメリットは、金属を使うため歯肉と歯の間が暗く見えやすく、全体的に透明感が出にくい点です。

オールセラミックス

オールセラミックスは、メタルボンドと同じセラミック材質なのですが、大きく違う点は金属を全く使用しないノンメタルという点です。
金属を使用しない一番、大きなメリットは、金属を使用した時に比べ、歯肉付近が明るく見えることです。 特にオールセラミックスは明るく、透明感にも優れています。

最近は 「 プロセラ 」 に代表されるコンピューターを使用したCADCAMシステムが登場しており。このシステムを使った 「 オールセラミックス 」 は、とても綺麗で、美しく透明感のある歯に仕上げることが可能です。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、薄いセラミックを歯に貼りつける治療法です。
オールセラミックスの場合、どうしても歯全体を大きく削る必要があるのですがこのラミネートベニアであれば通常、歯の表面 「 0.5~0.7mm程度 」 を削るだけで治療できます。 そのため、麻酔も必要なく、ほとんど痛みもありません。 場合によっては、歯を全く削らずにラミネートベニアを貼りつけることもあります。
このラミネートベニアは古くからある治療テクニックですが、審美歯科治療ブームと共に、そのメリットが再認識されています。

セラミックティース ( Ceramic Teeth )

セラミックティースは 「 歯の治療で使われる白い焼き物の歯 」 のことを指します。

これまでは、前歯の一部、もしくは歯全体が失われた場合に、このセラミックを使って治療することが多く 「 差し歯 = セラミックティース 」 を指すことが一般的でした。
しかし、セラミックの進歩と共に、最近では様々な種類のセラミックが、歯科治療や審美治療において登場しています。

セラミックティースの治療の流れを説明すると、歯の型を取り、その型を模型に仕上げ、模型上でセラミック専門の歯科技工士が完全オーダーメイドのセラミックティースを作ります。

セラミックティースは焼き物なので、歯科技工士がセラミックを焼く専門の焼成釜 「 ファーネス 」 で作製します。このセラミック作製は熟練を要するため、当院では 「 セラミスト 」 と呼ばれるセラミックに関しての高度な技術と、美に対する審美眼をもつ特別な歯科技工士にセラミック作製をお願いしています。

当院のセラミック治療は、必ず 「 セラミスト 」 が患者さまの歯の形や色を肉眼で確認し、患者様のご希望を伺います。 また、歯の色調を専用機械で測定し、スライド記録を撮ります。
手間が多いと感じるかもしれませんが、これらの段階を踏まないと、患者さまが満足できるセラミックティースは作製できないからです。

チェンジカラー ( Change Color )

昔は、虫歯治療において前歯に詰めている白い樹脂が、黄色や茶色に変色してしまうことがありました。
変色の原因は 「 新しく虫歯になってしまった、歯の詰め物が水分を吸収して変色してしまった 」 ケースが考えられます。 どちらにせよ、前歯の変色した箇所は目立ってしまい素敵な笑顔は台無しです。

もし、部分的な詰め物の変色ならば 「 チェンジカラー 」 の1回の治療で綺麗な歯の色を取り戻せます。最近は、前歯に使用する樹脂も 「 より吸水性が少なく、セラミック粒子の入った 」 新しい材料が発売されています。

また、奥歯の銀歯の色が気になる場合も、このチェンジカラーによって白い歯に合わせることが可能です。 応用として、チェンジカラーとホワイト二ング治療を組み合わせることもあります。

チェンジカラーで、笑顔を今まで以上にステキにしませんか?

無料メール相談
小冊子プレゼント
ページ上段に戻る