審美歯科治療

審美歯科治療とは

審美歯科治療について

審美歯科とは歯のガタガタ、デコボコを治すために、セラミックなどの審美的材料を歯に貼りつけたり、被せることによって歯の見た目をキレイにする治療法です。

以前であれば、歯のガタガタやデコボコを治すには、ワイヤーを使った矯正治療しか方法がありませんでした。
矯正治療はメリットも大きいのですが、デメリットも大きく(長期治療になりやすい、高額になりやすい など)、歯のガタガタやデコボコを治す治療に踏み切れない方が多くいらっしゃいました。
ですが審美歯科治療の進化と共に、歯のガタガタやデコボコを治される方が増えていくのは間違いありません。

とは言え、審美歯科治療にも必ずメリットとデメリットの両方が存在します。
また、安易な審美歯科や美容歯科においては失敗例も多く報告されているので「治療の種類やメリット・デメリット、信頼できる歯科医院、適正な費用や治療内容」などを調べ、よく考えてから治療を決断してください。

審美歯科治療の流れ

審美歯科治療の流れについて一例をご紹介します。 患者さまのお口の状態や選ばれる治療によって、治療の流れが変わりますことをご理解ください。

カウンセリング


審美歯科カウンセリング 審美歯科治療をするにあたって大切なカウンセリングを行います。

診査・診断


審美歯科の診査・診断 レントゲンなどを使用してお口の診査・診断をします。

治療方針の相談・決定


治療方針の相談 患者さまの希望に合わせ、治療方針を決定します。

仮歯調整


患者さまの仮歯調整 歯を削って仮歯を作ります。 患者様の希望を聞きながら仮歯を調整していきます。

歯型をとる


被せ物の製作 被せ物を作るための歯型を取り、歯科技工士が被せ物の色調整をします。

セラミック装着


セラミックの歯を装着 完成したセラミックを患者さまの歯につけます。

治療終了


審美歯科治療の完了 治療が終了した後も定期的なメンテナンスを受けてください。

大切なカウンセリング

審美歯科治療カウンセリング

審美歯科治療を成功させ、満足できる結果を残すために一番大切なことは「治療前のカウンセリング」になります。 当院のカウンセリングの流れを説明しますと

① 初診時カウンセリングと必要な検査(レントゲン、歯のスライド、歯の型どりなど)
具体的に何をどう治療したいのか、治療においての疑問などを担当医にご相談ください。

② 検査結果を元にしたカウンセリング(2回目の来院時)
レントゲンや歯の模型を提示してご説明します。 場合によっては治療後のイメージを表現した「モックアップ模型(プラスチック模型)」をお渡ししたり、コンピューター上で治療後イメージを見てもらう場合もあります。

当院のカウンセリングは、治療イスに座った状態ではなく「専用のカウンセリングルーム」で行います。
この時に、あなたの希望に合わせた適切と思われる治療プランを複数ご説明し、「治療計画書、費用の見積り、使用材料の説明書」をお渡しいたします。
カウンセリング時に大切なことは「治療しない選択肢」を必ず用意しておくことです。
審美歯科治療はメリットだけでなくデメリットも存在しますので、その点もよく考えたうえで判断してください。 デメリットの方が大きいと感じた時は断る勇気をもってください。

審美治療後の歯は永遠か?

審美治療した美しい歯は永遠か?

当院の患者様から、よくあるご質問が「審美治療した歯は一生もちますか?」
もちろん高額な治療費がかかるのですから、一生もたせたい気持ちは十分に理解できます。
しかし残念ながら答えは「NO」です。

今の女性の平均寿命は86歳ぐらいですが
「あなたが86歳になるまで後、何年ありますか?」
「今、86歳の方達のお口の中には、何本の歯が残っていると思われますか?」
この質問の答えを考えれば、審美治療した歯を一生もたせるとお答えるするのは難しいのが実情です。

中には「セラミックは一生もちます。 半永久的な物です」などと謳っている雑誌やネット広告もありますが、本当かどうかは良く考えてください。

では「何年もつのでしょうか?」という質問をしたくなりますよね。
当院ではセラミックに関して「5年間保証」をお付けしているので、5年以内であればセラミックが割れたり、取れたりしても無料で修理・再製作いたします。
※ただし、当院の予防歯科プログラムに沿って、定期健診をきちんと受けていただく事が前提です。

また、セラミックの状態を永続させたいのであれば「毎日のお手入れと、歯医者での定期検診」を必ず実行してください。 そうすることで、綺麗な歯でいられる時間を伸ばすことが可能になります。

審美歯科と歯のホワイトニング

審美歯科とホワイトニング治療の組み合わせ

審美歯科のセラミック治療において、今までの課題は天然の歯と同じ色調・質感を出すことでした。
ところが「歯のホワイトニング」治療が登場したことで多くの患者さまが、最初にホワイトニング治療で歯を白くしてから、セラミックの歯を被せる手法を選ぶようになりました。
当院では、このテクニックを「ホワイト&ホワイトテクニック」と呼んでいます。

治療の流れとしては、まず天然の歯をホワイトニング治療してから、白くなった歯の色調に合わせて「オールセラミック」や「ラミネートベニア」などの金属を使用しないノンメタルによるセラミック治療をおこないます。

審美歯科と矯正歯科

審美歯科と矯正歯科の違い

歯のガタガタやデコボコを治す場合、主な治療法としては「セラミックを使った審美歯科治療」と「矯正治療」がありますが、どちらにもメリット・デメリットが存在します。

矯正治療のメリットは「歯を削ったり、神経を取らずに自分の歯を最大限に生かせる」ことです。 それ以外にも「顎のズレが大きくても適応できたり、歯の位置を大幅に移動できる」のも魅力です。
デメリットは「長期治療や高額になりやすい」ことです。 また、ワイヤー矯正の場合「歯の表面につける装置が目立ってしまったり、術中に痛みを伴いやすい」点も挙げられます。
ですが最近は、全くワイヤーを使わない矯正法が発達し、透明なマウスピースによる「インビザライン」や、外から見えにくい裏側矯正「インコグニート」などが人気です。

歯の矯正治療

審美歯科のメリットは「短期治療、歯の変色なども治療できる」ことです。
例えば、数ヵ月後に結婚式や卒業式などのイベントがある場合でも間に合わせることも可能です。
デメリットは多くの場合「健康な歯を削らないといけない」ことです。 症状によっては歯の神経を取らないといけないこともあります。 また、歯のガタガタや顎のズレが余りにも大きい場合は十分に効果が出ないケースもあります。

審美治療では「見えない矯正&セラミック治療」や「ワイヤー矯正&セラミック治療」の様に組み合わせて治療をするケースもあります。

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
電話で審美歯科・ホワイトニング相談
歯のホワイトニング冊子プレゼント
ページ上段に戻る